高島野十郎の作品買取査定致します 絵画買取の東京・銀座の画廊 おいだ美術です。現代アート・日本画・洋画などの絵画・彫刻・陶芸などの美術品の買取実績多数ございます。査定無料・出張買取にも対応致します。

電話で
問合わせ

フォームで
問合わせ

メールで
問合わせ

LINEで
問合わせ

高島野十郎の作品買取査定致します


高島野十郎作品の高価買取

おいだ美術では、これまで高島野十郎作品の買取実績がございます。 油彩画どの版画作品などの買取査定のお問合せ頂ければ、査定価格をご連絡致します。 まずはお気軽にご相談ください。

これまで買取した高島野十郎作品の一部を紹介させて頂きます。

03-3562-1740

info@oida-art.com

査定フォーム

LINE

お持込

郵送・宅配

作品の持込・写真の送付(メール・郵送)も受付しております。


売却するメリット

安心と信頼 幅広いジャンルでの豊富な買取実績

おいだ美術は、画廊の聖地・銀座に店舗をかまえて30年余、日本画・洋画から現代アートまで、絵画作品を中心に、彫刻・掛け軸・陶器など幅広いジャンルにわたり、年間2000点を越える豊富な買取実績がございます。

高値で買取れるわけ

おいだ美術ならば、買取した美術品を銀座の店舗、弊社ウェブサイト、業者の市場など様々なルートを通じて販売することができ、だからこそ高値で買い取ることができます。名画名品については特に積極的に高価買取しております。

専門家による安心スピード無料査定。初めての方でも親切丁寧に対応致します

買取査定に精通したスタッフが、迅速かつ適正な査定(無料)結果をご連絡致します。まずはお電話ください。03-3562-1740

インターネット買取のパイオニア

インターネット上での美術品取引のパイオニアとして、買取実績も豊富にございます。

市場価値をふまえた適正な買取価格

市場相場をふまえた適正な査定価格を提示致しております。日本画・洋画・現代アートの名品については特に積極的に高値で買取しております。

企業・官公庁様からのご依頼・ご相談

企業・官公庁・弁護士様などからの資産の売却・相続案件などでの美術品買取実績を多数ございます。ご相談・ご依頼も承っております。

鑑定料金、おいだ美術で負担致します

ご売却を前提とした場合、鑑定料金について、おいだ美術にて全額を負担させて頂く場合がございます。なお作品によっては、鑑定料金を負担できない作品もございますので、まずはお電話ください。03-3562-1740

日本全国、査定・買取しております

出張買取も致しております。お客様のご自宅まで伺い、買取・査定させて頂くことも可能ですが、ご希望に添えない場合もございます。予めご相談下さい。

買取までの流れについて

画像:お問い合わせ

お問合わせ


査定ご希望の際は、まずは、買取査定フォームメールLINEお電話やFax(03-3562-1748)にてお問合せください。のいずれかにてお問合せ下さい。

画像:お見積りのご連絡

査定見積もりのご連絡


お問合せ頂いた後、通常1~2営業日以内に、おおよその査定額を提示させて頂きます。ただし、最終査定額は実際に作品を拝見させて頂いた上で提示させて頂きます。

画像:お持ち込みまたはご発送

作品のお持込またはご発送


作品を弊社までお持込または宅配便でお送り下さい。(出張買取はご相談ください。)
梱包方法について

画像:査定結果のご連絡

最終査定結果のご連絡、お支払い


作品を実際に拝見させて頂き、作品状態などを確認した後、最終査定額をご連絡し、お支払いさせて頂きます。


高島野十郎の人気度と価値

高島野十郎は、高い人気と評価を受けている作家です。
高島野十郎の油彩画などの作品の買取査定のお問合せ頂ければ、査定価格をご連絡致します。 まずはお気軽にご相談ください。


高島野十郎 略歴

1890年 福岡県三井郡合川村(現在の久留米市東合川)の醸造家の四男に生まれる。 青木繁と親交のあったことで知られる詩人の高島宇朗は野十郎の長兄にあたる。
第八高等学校を経て、東京帝国大学農学部水産学科に進学、同科を首席で卒業するも恩賜の銀時計を辞退し絵画の道を選び、以降師につくこともなく、特定の美術団体へ属することもなく、自らの画業に没頭した。

1929年から4年間パリで修行。帰国後、一時期、東京・青山にアトリエを構えていたが、千葉県柏市にアトリエを移す。

生涯独身で過ごした野十郎は晩年、東京オリンピック絡みの道路拡張整理に巻き込まれて東京目黒のアトリエを強制立ち退きさせられた。その際、「家を壊すなら俺を殺してからにしろ」と行政代執行にきた者に食い下がったと言う。その後、「どうせ引っ越すなら区画整理などない田舎へ」と、千葉県柏市郊外の田園地帯に居を定める一方、フランスを含めた全国各地への写生旅行や巡礼を行い、数回の個展のみを作品発表の場とする清貧の生活を送った。

彼の作品は写実を基本としているが、透徹した精神性がみえてくるような凛とした雰囲気を漂わせている。

1975年 千葉県野田市の老人ホームで逝去。

福岡県立美術館には多数の作品が常設されている。 2008年 NHK教育テレビ「日曜美術館」で『写実の果て 孤高の画家・高島野十郎』が放送される。

画廊風景

おいだ美術のモットー

「歴史の評価に耐えうる作品」
「小さくともきらりと光る作品」
「心に残るような名品」
の提供をモットーに、
皆様方の琴線に触れるような美術品との出会いを
プロデュースしてまいりました。

この度、これまでの豊富な経験をいかし、
皆様の大切にされてきたお作品を、
少しでも高く買取るため、
買取り専門のサイトを立ち上げました。
皆様のご期待にお応えしたいと願っております。
ご売却をお考えの際には、是非、お申し付けくださるようお願いいたします。

買取査定フォームはこちら

1 情報入力
2 内容確認
  • 買取査定ご入力フォーム

    下記フォームにご入力していただき、「確認画面へ」ボタンを押して下さい。

    買取査定フォーム

    「*」印のある欄(お名前・メールアドレス・電話番号)は入力必須項目になります。

  • お作品情報

  • ※「ファイルを選択」ボタンを押して、画像を指定してください。
    添付できる形式は拡張子がjpg, gif, png のものに限ります。
    ※添付画像1ファイル当たりのサイズ上限は、10MBです。
    ※額縁含めた全体写真とサイン部分の写真がある場合は添付してください。
  • お客様情報

  • (※ご購入をご希望、またはご検討の場合はご予算もお知らせ下さいませ。)

買取査定フォームへ

page top

電話で
問合わせ

フォームで
問合わせ

メールで
問合わせ

LINEで
問合わせ